時短勤務がある病院

育児中の看護師にとっては、自分の子育ても大切である。医学は日々進歩しているので、看護師としての仕事も一生続けて行こうと思うと、自分が産休・育休で不在の間も病院のことも思い出すはずだ。
そこで、出産は女性の大切な役目であることを理解し、出産後も楽に仕事へ復帰できるよう、時短勤務がある病院が増えてきた。少しずつ看護師としての勤務に慣れていくための措置である。このような措置を取ることによって、優秀な看護師が出産後も病院に残ってくれるという大きなメリットがあるのだ。新しい看護師を雇えば、仕事を覚えるまで無駄な人件費を払うことになる。また、人間関係もどうなるかわからない。しかし、以前からいる慣れ親しんだ看護師が復帰するのであれば、新しく採用するよりも時短勤務で慣らしていってくれた方が、後々病院にとって大きな戦力となってくれる。産休中での仕事のペースを、この期間で取り戻す良いチャンスとなっていくだろう。仕事を終えて午後からは子供の世話ができ、母親としての仕事ができる。そのため、この制度は育児中の看護師にとってとても好評なのだ。あるいは、シフト制で午前は家で子育て・午後は病院というケースもある。いずれにしても、子供と多く触れ合う時間が持てる中で働けるのは良いことだ。
時短まではなかなか難しい病院でも、育児中の看護師に対して少なくとも夜勤は組まないという病院は多くなってきている。育児中の看護師にとって、労働環境が良くなっていることは歓迎すべきことだ。時短勤務について、もっと詳しく→『ワーキングママ必見!時短勤務活用術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15