病院によって異なる時短勤務

育児休暇を取ったまま退職をしてしまう人は、実は少なくない。育児と看護師の仕事の両立は、容易ではないからである。しかし、育児中の看護師に現場復帰を促したいのが病院側の現状であり、その方策の一つとして時短勤務の制度が整えられてきているようだ。
時短勤務は、定められた短い時間内でだけ働けるという保証が特徴であるものの、この制度自体には厳密な定義はない。共通理解として、育児中でも働きやすい勤務時間や待遇が与えられるというだけである。病院によっては、給料を幾分減らす代わりに時間外労働をなくしているだけの場合もあるようだ。しかし、勤務の終了時刻も、他の看護師に比べると早めに定められているケースも少なくない。病院によって現場の事情が異なるため、それに合わせた時短勤務の制度が導入されてきているのである。
その状況を理解すると、必ずしも同じ職場に戻る必要はないと気づくかもしれない。それまで働いてきた職場の方が慣れていて働きやすいという面はあるものの、時間的な拘束がより緩くて働きやすい制度を持った病院が見つかる可能性もある。仕事へ慣れるのに多少の苦労はあったとしても、その方が子供が幼いうちの育児と仕事の両立は行いやすい。そのため、女性が時短勤務を利用して復職を考える際は、安易に同じ職場に戻るのではなく、通える範囲の病院の制度を比較して転職を考慮するのも賢明である。
細かな規定が統一されていないからこそ、働きやすさを求めて検討する余地があると理解しておくのが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15