育児中のワークスタイル

女性の社会進出に対して、積極的に応援や支援がされるようになった現代。育児中のワークスタイルとしては「時短勤務」「高時給」という条件が大事だ。そこで人気と思われるのが、「看護師」の職業といえる。看護師というと、資格が必要だ。その代わり、「高時給」というものがついてくる。育児や家事に追われる生活をしている女性からすれば、それは良い条件だろう。
そして、ワークスタイルとなれば、希望したいのは「時短勤務」だ。この勤務スタイルは近年増えはじめ、3時間からOK・4時間からOKなど、さまざまなライフスタイルに合わせたワークスタイルとなってきている。やはり、働く時間が少なければ育児や家事などにあてる時間が確保でき、なお且つ子供から目を離す時間が少なくて済む。そうなると、さらに条件が整ってくるのだ。「時短勤務」に加えて、「シフト自由」というのも年々増えはじめている。これは、休みの希望が自由に取れるというものだ。出勤する曜日や、週の出勤回数を指定できる。これも、育児中の女性からすれば嬉しい条件だろう。
このような条件が整った中、看護師の仕事にはさらに良い条件があるのだ。それは、病院内の施設、または隣接された施設で「預かり保育」をしてくれること。近年では、待機児童の増加が問題となっている。そのような最中のこのサービスは、大変ありがたいものだ。そして何より、子供の預かり場所が職場の近くというのも安心できる要素ではないだろうか。このようなことから、看護師は自分のライフスタイルに合った働き方を見つけることが可能となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15